SimWorks Homage インプレッション

早速ですがSimWorks Homageを装着したCrusadeでトレイルへ。

コースはHutte ライドでおなじみの西田橋経由の勝尾寺、そこから駅側に下ってトレイルにアプローチ。

舗装路においては上りを含め、ほぼ不満なし。ほぼ、というのはロードと比べればという程度。かたやトレイルにおいてはかなりの安心感です。分かる人にはわかるこのフィールドは短いけどイージーではない。途中、倒木もあれば30cmくらいの落ち込みもあるフィールド。クロスタイヤ(700x32c)に比べてしっかりと路面を捉える。空気圧は3.5でサス無しだが、まだまだコントロールできる範囲です。また、MTBではハンドル幅が気になる狭い場面でもスルっと抜けられました。

舗装路、トレイル、岩場。それぞれスポットではロードやMTBのほうがイージーまたは楽しい場面があるのは確かですが、『自走で軽くトレイル』という場合にはトータルで不満少なく楽しめる仕様だと確認できました。

しばらくはこの仕様が遊び道具になりそうです。

2016-04-24 | Posted in BLOGComments Closed 

関連記事