Stan’s No Tubes

今シーズンのシクロクロスにはチューブレスタイヤを採用しています。軽さももちろんなのですが、低圧(シクロクロスでは極端に空気圧を下げます)でもパンクリスクが大幅に少ない、というのが大きな理由です。プロローグ、開幕戦で結構な数のクリンチャータイヤの選手がパンクしてたのは記憶に新しく、チューブレスの採用は正解だった、と思ってます。チューブレスホイールは結構高価でなかなか手が出ないからチューブレス化に躊躇している方に提案していたのが、このStan’sのリム。左上の専用リムテープを貼ることで、スポーク穴を防ぎ、シーラントで隙間を埋めます。先シーズンから多くの選手が採用しているので実績は間違いなしです。リムが@¥10.000前後、組み換え、タイヤetc,で¥50.000ほどの投資です。それでもまだ高い、って方に朗報です。実はこのチューブレス化システム、専用リムでなくても使えるのです。Stan’sのリム(右)と一般的なリムの大きな違いは内側の『高さ』のみ、です。この高さを専用リムテープを多めに巻く事により補えます。この作業で最近2台チューブレス化しまして、経過も順調のようですので安心してもらって結構です。一般的なリムをチューブレス化するには画像のチューブレスタイヤ(IRC) @¥6.600リムテープ         @¥1.400 x2シーラント         @¥500  x2バルブ (画像無し)    @2.000工賃            @3.000————————————————–合計            ¥22.000(税別)              ¥23.760(税込)となります。ずいぶんリーズナブルにチューブレスできることに気がつきました。で、ここからが重要ですが、年内いっぱいキャンペーンします。上記のチューブレス化、¥20.000(税込)で行います。リム打ちパンクとサヨナラするチャンスですよー。★タイヤはIRC シラクCX、シラクCX Mudから選択いただけます。★リム形状によってはリムテープが追加になる場合があります。★シーラントは必要量、業務用を使用します。補充用が必要な方は別途ご用意します。   

2014-10-31 | Posted in BLOGComments Closed 

関連記事